漫才作家・中田明成

5000本の漫才台本を書いた作家、中田明成のウェブサイトです。

コメディNo.1「コメワンの人生教室」

前田:いらっしゃいませ、コメディNo.1の前田五郎です
坂田:ジャニーズ少年隊の坂田利夫です
ま:君のどこが少年隊や!こんなデボチンの禿げた少年隊おるんか。このデボチンは少年隊と違ごて発光体やないか
さ:ほっとけ!
ま:しかし、そういうしょうもないこと言うてるから、いつまでたっても結婚できんのやで
さ:結婚の話はやめてくれ、私が未だに独身でいるのは深い事情があるのや
ま:深い事情というと?
さ:それには、私の生い立ちから話さないかんねや
ま:へー、君にも生い立ちあったん?
さ:あるわい!
ま:その、生い立ちいうのを聞こやないか
さ:皆さん、私の産まれは大阪市の港区というところです
ま:それはよう聞くわな
さ:私が産まれた当時、父さんは会社員をしており、母さんは炭鉱夫をしてました
ま:待て待て、母さんは炭鉱夫やてかい
さ:そう、近所の病院のな
ま:そら看護婦やろ!炭鉱夫いうたらな
さ:♪おいらはな、生まれながらの炭鉱夫♪これやろ
ま:わかっとったら間違えるな!
さ:(思い出を語る調子で)肉親が共働きの為、私はすぐに保健所へ預けられました
ま:……保育所へ預けられたんやろ
さ:しかし、私が三つの時、母さんは看護師をやめました
ま:わかるなぁ、やっぱり母親として子供と一緒にいてやりたかった。それで看護師やめたんやろ
さ:いえ、病院の注射器を横流ししてやめたんです
ま:なんちゅうおかんや!
さ:そして一年後、父さんは病のユカにつきました
ま:ユカと違ごてトコと違うんか?
さ:ええやないか、ユカもトコも字は同じやないか
ま:意味は全然違うねや!
さ:そして、父さんは明日をも知れない状態になったんです
ま:そら気の毒に
さ:やせ衰えた手で、その時、父さんは私の手をしっかり握って一言いいました
ま:どう言うた
さ:アホの坂田ァー!
ま:……死にかけのおとんが息子の手握って、そんなこと言うんか
さ:そして三日後、父は召されて地獄へ参りました
ま:天国へ行かせたれや!
さ:一家の主を亡くした、母と子はその日から、ドトウに迷いました
ま:ドトウと違ごて、路頭やろ
さ:でも、それから一年ぐらいはたくわえでなんとか生活できました
ま:ちょっとは貯金してたわけや
さ:でも、それ以降は、明日食べるマツタケもカズノコも無くなったんです!
ま:それまで贅沢しとったんやなぁ!
さ:そして一年、私に弟が産まれました
ま:待て待て、おやじは病気で二年前に亡くなったんやろ
さ:それからまた一年、私に妹が産まれました
ま:親父もおらんのに、なんで君に弟や妹が出来るねん!
さ:そんなんおかんの好き好き違うんか?
ま:えらいおかんやなぁ!
さ:生活はますます困るようになりました
ま:そら困るわいな、君一人でも大変やのに、弟と妹が出来てしもたんやからな
さ:私は当時、まだ学生ながらに朝シジミ売りのアルバイトをしました
ま:シジミ売り
さ:(売り声)シジミー!シジミー!(だんだん寂しく)シジミー……シジミー(ハンカチを取り出し、大声で泣く)ウォーッ!
ま:何を泣いてんねや?
さ:当時の頃を思い出したら、泣けて泣けて、ウォーッ!、ウォーッ!……皆さんもご一緒に
ま:アホか!しかし、シジミ売りなんていくらも儲からんやろ
さ:(泣き声で)一月働いてわずか三十八文。これでは妹を山椒大夫の元へ送らなしゃあない
ま:……お前、口から出まかせを喋ってるやろ!
さ:でも、私ら一家はなんとか頑張って生きて行きました。そして私は誓ったんです
ま:何を誓った言うねん?
さ:妹の花嫁姿を見るまでは、俺は独身で通して家族の為に頑張るぞお、っとね
ま:なるほど、それが君が未だに独身でいる訳や、と言いたいんかい
さ:皆さん、美しい話やと思いませんか、美談やと思いませんか、美談やと思われる方、拍手を下さい、そしてわずかでも結構です、お金投げてください
ま:皆さん、こいつのええ加減な美談に騙されてはいけませんよ
さ:ええ加減な美談てどういうこっちゃねん、どこがええ加減や
ま:親父が病の床についた話、死んだて言うたなぁ
さ:そやから、私が親父代わりになって一家を支えてきたんや
ま:ほな、君とこにいつもおるおっさんあれ誰や、あのおっさんテレビに出て「地神兼弘65才、利夫の父親です」てやっとったやないか
さ:……マーそれはやね
ま:妹が嫁に行くまでは独身で通すやて……妹3年前に嫁に行って、もう戻って来たやないか
さ:……皆さん、美談には気を付けましょうね
ま:だいたい、自分の過去をええように人は喋りたがる人間に、ロクなもんありまへんで、ほんまに苦労した人間いうのは、自分の過去はあまり喋りたがりません
さ:そう言えば君は過去を喋らんね
ま:私こそ苦労して育ったんや
さ:それは時々わかりますわ、君の何気ない時に、苦労時代の名残りが出るもん
ま:私の何気ない時に苦労時代の名残りが出るて?
さ:二人でレストランで食事しますやろ、食べ物が運ばれたとたん「これ僕のおかずや、僕のおかずや、兄ちゃん姉ちゃんとったらあかんで!」と、こういう発作が時々おきまんねや、昔苦労してまっせ
ま:恥ずかしい話やけど、子供の頃のクセが抜けまへんねやなぁ
さ:旅先の同じ部屋で寝る時おまっしゃろ、寝言いいよんねや
ま:どんな寝言私いう?
さ:「お父ちゃん、今日は何盗んできたん?給食代にはなったか?」……苦労して育ってまっせ
ま:……ま、いくら苦労しても、気持ちを明るく、人生を生きて行きたいと私はいつも思うね
さ:くよくよ生きるも人生、明るく生きるも人生、同じ人生ならくよくよ生きな損でんがな
ま:明るく生きな損やねん!
さ:ほんまでっせ、人生なんて一生に一度しかおまへんねや
ま:一度に決まってるやろ!しかし、人生なんて、これから先は誰にもわからんというところに面白さがあるんやろ
さ:それは言えますね
ま:コンピュータなんかがもっと発展して、人の先の人生までわかってしもたら、こないなりますわ
さ:すんまへん、私のこれからの人生、コンピュータで調べてもらいたいんですが
ま:坂田利夫さんの今後の人生ですね、何年先を調べましょか
さ:10年先、私どうなってますか?
ま:わかりました。カチャカチャカチャ(ボタンを押す格好)はい出ました。坂田利夫さんの10年先は、漫才師、独身、アホ……殆ど今と変わってまへんな
さ:20年先を見てちょうだい
ま:20年先ですね……カチャカチャカチャ……坂田利夫さんの20年先……今とはだいぶ変わってますよ
さ:どない変わってます?
ま:お骨……無縁仏
さ:……あのな
ま:アホのお骨……これだけは変わりまへんな
さ:ええ加減にせいよ、お骨にアホとか秀才とかあるんか!
ま:先の人生がわかってしもたら、ちっとも面白ないわな
さ:楽しみ悩みがいつ出るかわからんから、人生生きて見ようとおもうわけや
ま:けど、私は今、悲しい人生を送ってる人の為に「人生相談」に応じてあげてるんですよ
さ:人生相談て……悩み事を訴えて来た人にアドバイスをしてあげる?
ま:それそれ
さ:そのアドバイスが的外れで、余計にごたごたが起こっても、絶対に責任を取らんアレ
ま:そういう捻くれた言い方をするな。私の場合は、アドバイスを与えるだけではなく、最後まで責任をもって解決をしてあげる人生相談や
さ:これは立派や
ま:そやから、知る人は、私のことを「お助け五郎」と言うてくれるか
さ:お助け五郎……昔、将棋盤頭の五郎の君が
ま:いらん事いうな!
さ:(電話を取る)もしもし、お助け五郎さんのお宅ですか?
ま:そうですが
さ:実は、私、50才になる主婦で、田中花子と申しますが
ま:田中花子さんですね、で、人生相談の要件は
さ:実は、主人が若い女に夢中になりまして、生活費さえも家に入れてくれません。なんとかしてください
ま:わかりました。早速あんたのご主人に会って、解決して参りましょう……そして、お助け五郎は愛車に乗って、相談相手のご主人が勤める会社へ向かった
さ:お助け五郎出勤……五郎は愛車を懸命にこいで向かった
ま:(自転車をこぐ格好)私の愛車は自転車か!
さ:ええやないか
ま:ここが主人の勤める会社だな……もしもし、あなたが田中花子さんのご主人の田中武夫さんですか
さ:(いばった感じで、パイプをふかせながら)そうだが、あなたは
ま:この会社では、だいぶ偉い地位におられるようですね
さ:部長をやっておるよ、ワッハッハッハッ!
ま:(大声で)あなたの隠し女のことで参りました
さ:(小さくなって)こっちへどうぞこっちへ!
ま:あなたの隠し女の……
さ:大声を出さないで大声を
ま:田中さん、今のままでは奥さんがかわいそうではありませんか
さ:それはよくわかっとるんだがね、でもナオミが可愛くて可愛くてなぁ
ま:ナオミというのは、その隠し女の名前ですか
さ:そうなんだよ、ボインでな
ま:ボイン?
さ:嫁はん、ダラン!(恰好)
ま:……
さ:肌もムチムチー!
ま:ムチムチー!
さ:嫁はんシワシワー!……その上におっそろしいベッピンさん
ま:会いに行こう(行きかける)
さ:アホなアホな、ナオミは私の女なんだよ
ま:会って、あなたと別れさせるんですよ
さ:待ちなさい!
ま:……ボイン、ムチムチのベッピンさんか、ナオミというのはすごい女やなぁ、ここがナオミのマンションやな、ピンポーン、ピンポーン、ナオミさんいらっしゃいますか
さ:(女っぽい格好で)どなた、私ナオミよ……マー、頼もしそうな男(流し目)
ま:……あの部長の言うてたんと全然違うがな
さ:私に何の用なのよ
ま:ナオミさん、あなた、田中さんとすぐに別れてください
さ:私だってあんな男とすぐに別れたいわよ、でも私の男がね、金をとれるだけ引っ張っておけとやかましいのよ
ま:その男に会いましょ
さ:怖いわよ
ま:会わずには帰れませんよ、会わせてもらいます
さ:(チンピラ風に)ごじゃごじゃぬかしとんのは、どこのどいつじゃい。わいを誰やと思てけつかるねん。わいはこのへんでは顔役で通っとんのやぞ、なんで顔役や言うたろか、この前コンロで顔焼いたんじゃ
ま:おっ、お前、チンピラの坂田やないか
さ:……あっ、これは、将棋盤頭の五郎にい
ま:未だにお前はヨタっとんのかい
さ:他にすること無いもんで
ま:マーええわい、とにかくナオミを田中さんから手を引かせんかい
さ:兄貴、私だって手を引かせたいんですわ。そやけど、がめついおばちゃんから借金してもうて、その借金を返すまでは、金いりまんねや
ま:よし、そのがめついおばはんに会いにいこやないか
さ:えげつないおばはんでっせ
ま:がめついおばはんいうの、この家やな、こんにちは!
さ:なんでっか、イッヒッヒッヒッ、イッヒッヒッヒッ!
ま:気色悪いな!
さ:あんたは坂田はんの借金返しに来はったんでっか
ま:そやおまへんねや、借金なんとかしてやってほしいんだ
さ:そんなこと出来まっかいな。私は主人に女が出来て、自分の生活費稼がないけまへんねや
ま:主人に女て、あなたの名前は?
さ:田中花子……あら、あなた私が相談したお助け五郎さん、なんとかして!
ま:あかんわ
 

f:id:dango1114:20190309071402p:plain