漫才作家・中田明成

5000本の漫才台本を書いた作家、中田明成のウェブサイトです。

正司敏江・玲児「子供・今と昔」

玲児:淡路島の津名町へ参りました
敏江:私は島が大好きでしてね
れ:というのは、敏江ちゃんは淡路島の近くの小豆島の生まれなんです
と:そやから、子供の頃は小豆島から淡路島まで、よう泳いで遊びに来ました
れ:泳げるかい!近くや言うても、淡路島と小豆島は何キロも離れとんねや
と:言うても、同じヘソナイカイやないかい
れ:瀬戸内海と言え!・・・実は私も島とは縁が深いんですわ
と:玲児さんの先祖、みんな八丈島へ流されてますねん
れ:・・・ほなうちの先祖は皆な罪人かい!そやなくて、私が島と縁が深いという話ですよ
と:心がヨコシマですねん
れ:やかましいわ!
と:ほな、なんで玲児さんと島とが縁が深い言うの?
れ:うちの今の嫁はん。島田陽子に似てまんねん。クックックッ。
と:ふんふん、ほんで、前の嫁はんが岩下志麻に似てる言いたいのやろ
れ:・・・前の嫁はん言うたらお前やないかい!?
と:さっきも岩下志麻と間違われまして
れ:うそいうな
と:どっちにしても、島はよろしいね。子供の頃を思い出すねん
れ:敏江ちゃんは、子供の頃は小豆島でどんな遊びをしていた?
と:魚釣りをよくしてましたね
れ:海がすぐそばやったから
と:今と違ごて、魚も沢山いましてね
れ:昔は魚は沢山おったねぇ
と:「ほらほらアジが泳いでる!」
れ:「ほんまほんま、ほらほらイワシイワシ」
と:「ほらほら、岩下志麻岩下志麻。・・・なんや、私の顔が水に映ってたんかい」
れ:岩下志麻はもうええねん
と:「ほらサバやサバや!」
れ:「水面にトビウオ、トビウオ!」
と:「底にオコゼオコゼ!」
れ:「モリでついたろ」
と:「なんや、オコゼや思たら、お前とこの嫁はんが沈んどんねや」
れ:・・・なんでうちの嫁はんが、海の底に沈まないかんねん!
と:昔は魚が沢山いたから、ご飯粒で魚が釣れたもんですよ
れ:そう言えば、私も昔ご飯粒を餌に魚を飼ったことありますわ
と:ほんでお前、フグ鍋を餌に私を釣ったな
れ:・・・フグ鍋を餌にて・・・そら確かに、敏江ちゃんと知り合うた頃に、敏江ちゃんをフグ鍋食べに誘たことはあったよ
と:「ヒレ酒がうまいから飲め飲め」言うて、無理に飲ましたわな
れ:・・・確かに飲ましたけど、私も飲み過ぎて、先にひっくり返ってしもたでしょ
と:しょうがないから、私のアパートへ連れて帰って、そのまま結婚したな
れ:・・・結局、釣られたんは私の方と違うんかい!
と:釣られたけど、慰謝料も払わんと逃げたやないか
れ:・・・その話はええねんもう!・・・それにしても、昔の子供の遊びと、今の子供の遊びは随分と違いますね
と:本当やね、昔は外で遊ぶことが多かったがな
れ:魚釣り、それにかくれんぼなんかも外でようしたがな
と:かくれんぼで鍛えたおかげやで
れ:なにが?
と:お前が、借金取りから隠れるのがうまなったんは
れ:そうかもしれんな・・・鬼ごっこなんかもようしましたわ
と:これも鬼ごっこで鍛えたおかげやで
れ:なにが?
と:飲み屋の取り立てから逃げるのうまなったんは
れ:そうかもしれんね・・・オシクラマンジュウなんかもよくやりましたね
と:オシクラマンジュウのおかげやで
れ:なにが
と:満員電車の中でチカンするのがうまなったんは
れ:ええ加減にせい!それから、釘差しなんて言う遊びも昔はよくやりました
と:やりました。五寸釘を投げまして
れ:そうそう
と:相手のオデコに刺さったら勝ち
れ:恐ろしいな!釘差し言うたら、地面に釘を刺して、陣地の取り合いをする遊びやないか
と:そやったかいな
れ:それにビー玉遊びもやりました
と:そうそう、いろんな色のビー玉がありまして
れ:そうそう
と:それを飲み込んで、好きな色のビー玉を吐き出す遊び
れ:そら人間ポンプじゃ!そんなこと特殊な人間しかやれるかい!
と:私なんかゴム飛びなんかをよくやりましたね
れ:女の子がようやってましたね
と:横をよそのオッサンが通りかかった時に飛んで、わざとパンツをチラッとみせんねん
れ:わざとパンツを見せて?
と:「オッチャン見たな、千円出せ」
れ:なんちゅう子供や!まあしかし今の子供は外で遊びませんね
と:遊びいうとテレビゲームや
れ:テレビゲームで育つと、大人になってから、ゲーム感覚で悪いことをしたりするそうですね
と:その点、玲児さんは偉いですわ。ゲーム感覚で悪いことはしません
れ:外で遊んでましたからね
と:悪いことをするのは生活に困った時だけ
れ:・・・それが余計やねん!それに、昔の子供は童謡を大声で唄ってましたけど、今の子供は童謡を全然唄わんでしょう
と:本当やね、そういえば、娘のまどかが小さい頃は、お前もまどかに童謡をよううたってやってくれたね
れ:そうそう、娘と一緒にお風呂へ入りながら、童謡を歌ってやりました
と:それがいつの間にか、娘と風呂に入らんようになって、他の女と一緒に風呂に入りまして
れ:・・・それはええねん!
と:娘と風呂で ♪カラス、なぜ鳴くの♪ てやってたんが、他の女と風呂に入りくさって ♪カラス、なぜ鳴くの まつげが濡れてる 好きになったの もっと抱いて♪ 殺したろかほんま
れ:・・・過去のことは。それ以上もう言うな!それより、敏江ちゃんも子供の頃は童謡を唄とてたやろ
と:唄とてましたよ。そやから、童謡を聞くと、子供の頃のことを思い出しますね
れ:♪ミカンの花が 咲いている♪
と:それやそれや思い出すな!うちの家のすぐそばにもミカンの木がありましてね、ようミカン食べたがな
れ:♪大きな栗の木の下で あなたと私♪
と:思い出すがな。栗の木もありまして、よう栗の実を食べました
れ:♪メダカの学校は 川の中♪
と:思い出すね、うちの前の川でメダカがようけ泳いでましてね、すくって食べてました
れ:メダカを食べてたてかい!?
と:食べ物のない時代やないの。カルシウム不足には、メダカの踊り食いが一番やないの
れ:♪夕焼け小焼けの 赤トンボ♪
と:思い出す思い出す!
れ:・・・赤トンボも踊り食いしたんやないやろな!?
と:アホな事言いな。赤トンボはから揚げがうまいねん
れ:アホな! ♪静かな静かな 里の秋♪
と:ええ歌やこれ
れ:♪おせどに木の実の♪
と:ええ歌やけど、わからんのがそこやそこや
れ:わからんのて?
と:おせどに木の実のてあるやろ、おせどとは一体何?
れ:おせど・・・ねえ
と:子供の頃からずっとおせどて何やろと思いながら、わからんまま唄てたのよ、おせどてなに・・・知ってたら、おせど(教えろ)
れ:・・・おせどいうたら、おせどやないかい。ねえ皆さん、おせどぐらいみんな知ってはりますわな
と:知ってたら言わんかい
れ:おせどいうたら、白と黒のゲームの一つで
と:そらオセロや!
れ:・・・今の東京のこと
と:そらお江戸や!
れ:今のは冗談。おせどというのは後ろのこと
と:後ろのこと?(玲児の尻あたりをながめながら)ここは、おせどと違ごておいどやないか
れ:・・・私の後ろと違ごて、つまりおせどというのは家の裏口、裏門の事や
と:なんやウラモンのことかいな、それやったら、食べ物の無いころよう食べたがな
れ:食えるかい!そやけど、敏江ちゃんが疑問に思たように、童謡には確かに、わからん言葉やわからん表現が時々あるね
と:あるある ♪やっとこやっとこ くりだした♪ いう歌あるやろ
れ:ありますけど?
と:ヤットコから栗が出たりするか?
れ:・・・あのな
と:♪ドングリコロコロ どんぶりこ♪ いうのもあるわな
れ:ありますよ
と:ドングリのどんぶりが喰えるんかい
れ:そのどんぶりと意味が違うねや!どんぶりいうのは、池にはまる音の事や
と:♪ずいずいずっころばし ごまみそずい ちゃつぼにおわれて とっぴんしゃん♪ 一体これなんや?
れ:・・・そやから、童謡には訳の分からんのがある意うたがな
と:けど、味がありますねえ
れ:そやから、由紀さおりさんと安田祥子さんの姉妹なんかの童謡を聞くと、胸にジーンとくるがな
と:紅白歌合戦にも出てはりましたね
れ:あの二人、無茶苦茶声が美しいですね
と:顔はとっぴんしゃんやねえ
れ:お前よりマシじゃ!どや、私らも漫才の合い間に童謡を歌とて、今の子供たちに、童謡の良さを知ってもらわへんか
と:ええがな、由紀さおりさんとこの姉妹みたいに、敏江・玲児もどつき漫才やめて童謡漫才にするわけやね
れ:♪うさぎおいし かの山♪ 
と:♪小ブナ釣りし かの川♪
れ:そうそう、そういう感じで唄うと二人で唄う良さが出るねや
と:なるほど、まかせといて
れ:♪お手てつないで
と:♪ホテルへ行けば
れ:ホテルへ行ってどないするねん!
と:昔はよう行ったがな!
れ:やかましいわ! ♪わたしの人形は 良い人形♪
と:♪目はばっちりと色白で 正司敏江にそっくりよ♪
れ:全然違う違う! ♪今は山中、今は浜♪
と:♪今は・・・♪ ちょっと待った
れ:なんや?
と:二人がまだ一緒に暮らしてた頃を思い出したんや
れ:なんで今は山中今は浜でそんな事思い出すの?
と:確かお前が浮気した二人の女は、山中いう名字の女と、浜いう名字の女と違ごたか?
れ:・・・話を変えましょ ♪赤い靴はいてた女の子♪
と:・・・あれ、どっちの女が赤い靴を履いてたかなあ
れ:もうええわ!