漫才作家・中田明成

5000本の漫才台本を書いた作家、中田明成のウェブサイトです。

Wヤング「お笑い弁当物語」

平川:最近は金の値打ちが無くなったね
中田:ほんまやね
ひ:まァ考えてみてください、今の世の中千円札一枚で何が買えます
な:大したもん買えませんで
ひ:この前、家の窓ガラス割ったんやけど、窓ガラス一枚、千円で買えませんで
な:この前、ワイシャツ破れたんやけど、ワイシャツ一枚、千円で買えませんで
ひ:この前、一万円札落としたんやけど、一万円一枚、千円で買えませんで
な:当たり前やないか!
ひ:ちょっと気の利いたもんやったら、絶対に千円では買えませんわ
な:これは確かに言えまっせ
ひ:君のネクタイ一本買お思ても、二千円するがな
な:君のワイシャツ一枚買お思ても、三千円するがな
ひ:君の嫁はん一晩買お思ても、四千円するがな
な:アホか、今五千円やぞ!
ひ:なんやそれ!
な:考えたら、ほんま、昔と比べて金の値打ちが無くなったね
ひ:ほんとやね
な:今では、千円出して大根買うても、ええとこ八本ぐらいしかないけど、昔やったら、千円で大根二十五本は十分買えたで
ひ:ほんと、今では千円出して百円切手買うても、ええとこ10枚ぐらいしかないけど、昔やったら千円で百円切手32枚は十分買えたで
な:買えるかい!
ひ:今なんか、千円札一枚持ってても、映画見て、寿司食べて、コーヒー飲んだらお釣りこんやろ
な:おつり来るどころか、反対に足が出るがな
ひ:ところが昔やってみ、テレビ見て、番茶飲んで、水飲んでもお釣りきたで
な:それやったら今でもお釣り来るわ!
ひ:君、もし一円玉が地面に落ちてたとしたら、拾うか?
な:そんなもん拾うかいな
ひ:ほな十円玉は?
な:拾わへんね
ひ:百円玉は?
な:百円玉やったら拾うわ
ひ:まだまだ貧乏人やねェ、僕なんか、千円札が落ちてるの見つけても、その千円札、靴で踏んで行くで
な:なんやて、千円札、靴で踏んで行くてかい
ひ:靴の裏にのり付けとくけどな
な:拾ろとんのやないか!
ひ:金の値打ちが下がっていくのと一緒に、金の質も下がってるね
な:金の質が下がってるというと?
ひ:昔は一円玉は真鍮で出来てたけど、今の一円玉なんか見てみ、アルミやで
な:ガタッと質が落ちてるね
ひ:十円玉でもそうや、銅で出来てたけど、今見てみ、銅やで
な:一緒やないか!
ひ:あらそうか
な:昔が銅で、今も銅では、君も”どう”しょうもないがな
ひ:「ちょっと聞いたあ?」
な:まだ言うとんのかそれ!
ひ:僕のミスでした。十円銅貨は、今も銅で出来てるもんね
な:ほんま、君は”どう”かしてるで
ひ:「ちょっと聞いたあ?」
な:もうええねやそれは!
ひ:しかし、金の値打ちが無くなったということは、物価が高なったということになるね
な:そうや、ほんま、物価が高なったわ
ひ:食料品の値上がりなんかものすごいがな
な:おかげで、うちの晩御飯なんか、今まで五種類のおかずが出てたのに、最近では三種類になってしもたがな
ひ:気の毒に、うちなんか今もずっと、晩御飯のおかずは七種類のままや、生活水準の違いは厳しいねェ
な:ほんとうらやましいでっせ、昨日の晩御飯のおかずでも、うちなんか、すき焼きと刺身と茶碗蒸しの三種類だけですわ、それに比べてここの家七種類でっせ……大根おろし、タクワン、ごま塩、デンブ、のりの佃煮、青のり、金時豆
ひ:待て待て!安い物ばかりやないか!うちの昨日の晩ごはんのおかずはそんなん違うがな
な:ホー、ほな君とこの昨日の晩御飯のおかず、どんなんやったか聞きたいね
ひ:大根おろし、タクワン、ごま塩、デンブまでは合うとんねや、けどその後の、主力を形成する三種類が違うがな
な:主力を形成する三種類と言うと?
ひ:まず焼き肉
な:ホー、焼き肉があったか
ひ:あとまで聞け
な:焼き肉違うんか?
ひ:焼きにくーい網で焼いたメザシね
な:……
ひ:それからカズノコ……
な:やった、カズノコが出たか!
ひ:あとまで聞け
な:エッ!?
ひ:カズノコまかい(数の細かい)チリメンジャコね
な:チリメンジャコて!
ひ:それから、トロ
な:トロ!トロの刺身やな
ひ:トロロ芋の煮つけ
な:結局、安い物やないか!
ひ:実を言うと、うちでは晩ごはんには、あまり主力を置いてないねや
な:すると、主力は朝ごはんか?
ひ:いやいや、主力は昼の弁当ですよ
な:そう言えば、君は毎日弁当持ちやね
ひ:嫁はんが愛情をこめて作ってくれるから、そら豪華な弁当やで
な:うらやましいねェ、で、今日はどんな弁当や?
ひ:今日は彩り鮮やかな、チラシ寿司や
な:彩り鮮やかというと?
ひ:まず、黄色があるやろ
な:黄色は玉子焼きですわ
ひ:それから、赤ね
な:紅ショウガですわ
ひ:それに青ね
な:青酸カリですわ
ひ:青が青酸カリやて、そんなアオなこと言うな……「ちょっと聞いたあ?」……弁当というと駅弁というのは独特な味があるね
な:その駅、その駅によって売り声が違う、浜松のうなぎ弁当の売り声「うなぎ弁当、うなぎ弁当」
ひ:豊橋のいなり寿司の売り声「いなり寿司、いなり寿司」
な:峠の釜めし(幽霊風に)「かまめしやー、かまめしやー」
ひ:松坂の牛肉弁当(相撲風に)「東、牛肉弁当のはりかえ」
な:おーい駅弁!(汽車の窓開ける)駅弁くれ駅弁
ひ:駅弁てそんな断わらんでも、駅で売っとる駅弁は、駅弁に決まってまんねん
な:ほな、商店街で売ってる弁当は?
ひ:ショウ弁でんがな
な:汚いわ!一つ貰うわ、なんぼや
ひ:300円です
な:1000円でお釣りくれ
ひ:(ゆっくり釣りの勘定をする格好)
な:おいおい、早うお釣りくれな汽車がでてしまうがな
ひ:私はそれを待ってまんねん
な:どついたろか、早うせい、出るがな
ひ:(反対側に動いたり、ギャグ)
な:アッ落とした、この弁当汁がこぼれてべんとう、べんとう(ベトベト)やないか!
ひ:べんとう、べんとうやて……「アホかいな!」
な:「ちょっと聞いたあ?」と違うんか
ひ:新しいギャグや
な:「君よりマシや」
ひ:合わすな
な:それよりこの弁当どないしてくれるねん
ひ:ほなその弁当、た”べんとう”くか?
な:食べんとくかやて「アホかいな!」
ひ:「君よりマシや」それは僕が言うねん
な:今日は弁当のシャレやな、早う替わりの弁当くれ
ひ:急がんと、もうちょっとマツタケ弁当
な:マツタケ?ええ加減にしいたけ弁当
ひ:しいたけ弁当?
な:何でも言うたらええねん
ひ:お前の嫁はん、梅干し弁当
な:お前の嫁はん、夜中におこし幕の内弁当
ひ:お前の嫁はん、夜中にパンツ箱(はく)寿司弁当
な:お前の嫁はん日の丸弁当
ひ:いやうちのはニンシン弁当
な:誰の子や
ひ:タラコ弁当
な:そんな子供早いことチラシ寿司弁当
ひ:なんちゅう事をイワシ弁当
な:君も負けとらんな
ひ:君には絶対、カツ丼弁当
な:そんな弁当、あるんか弁当
ひ:あってもなくても、言わな負けるがな弁当
な:長すぎるわ弁当
ひ:君の顔よりましじゃ弁当
な:いっぺんどつき上げたろか弁当
ひ:そんな可哀そうな弁当
な:どこまでいくねん弁当
ひ:あんたのお尻、釜めし弁当。いっぺんカキ寿司弁当
な:何べんもさわったらお尻割れてハンバーグ弁当
ひ:あんた前はちくわ弁当、いっぺんトリメシ弁当
な:知らんと握り飯弁当
ひ:それはいかめし弁当
な:逃げんとこっちへきずし弁当
ひ:いやここに折り詰め弁当
な:どこまで行くねん
ひ:ほな、このへんでシューマイ(しまい)弁当

 

f:id:dango1114:20190309071402p:plain