漫才作家・中田明成

5000本の漫才台本を書いた作家、中田明成のウェブサイトです。

横山やすし・西川きよし「僕らと流行」

きよし:私この前、我々がコンビを組んだ頃の漫才のテープ聞きましてね
やすし:15年前のテープやな
き:私の喋り方、無茶苦茶早かったなぁ
や:確かに、昔の君の喋りは早かった
き:私に比べると、その頃から君は、漫才に迫力があったし、テンポもそれに間もあった
や:(喜ぶ)皆さん聞きましたか?私は昔から漫才に、迫力とテンポと間があったんでっせ
き:無かったん、お客さんの笑いだけですわ
や:……それが無かったら、何にもならへんやないか!
き:しかし最近は、若い漫才師さん皆が、早口になりましたね
や:口が早いということも、決して悪い事やおまへんで
き:どうして、こういうとこで自己弁護するねや
や:スピード時代の世の中や、何でも早いに越したことはない
き:そのわりには君、借りた金返すの遅いなぁ
や:ほっといてくれ!
き:しかし、いつまで経っても私なんか、お客さんを笑わすことは、難しいなぁ思うね
や:私はこの15年間で、やっと客を笑わすコツというものを掴んだ
き:ホー、で、その15年間で掴んだ客を笑わすコツとは?
や:おもろいことを言うこと
き:当たり前や!私がこの15年間で感じたことは、漫才は話題が新しいほど、よく笑ろて貰えるということやね
や:ホー、話題が新しいほどね
き:つまり、今朝あったことを、すぐに漫才の中に取り入れる。するとお客さんは、ゲラゲラと笑ろてくれる
や:今朝あったことを漫才の中に取り入れると、客笑ろてくれるてか
き:これは保証します
や:(客に向かって)今朝私、起きて顔洗ろてね、トイレ行ってね、メシ食べてね……笑わへんやないか! 
き:アホか君は!今朝あったこと言うても、ニュース性のあるもんやないといかんねや
や:ニュース性というと?
き:例えば、今朝地震が起こったとするやないか、ほなそれを、漫才の中へ取り入れるねや
や:なるほど
き:「今朝地震がありましたなぁ……やすし君の家、倒れましてね」……ほなお客さんが、ゲラゲラ笑ってくれるねや
や:……火事なんかのニュースは?
き:「今朝火事がありましたなぁ……やすし君とこ丸焼けになりました」……お客さんがゲラゲラ笑ろてくれるねや
や:ちょっと待て!客は私がえげつない目に陥らな笑わへんのか!……だいたい君は、私を舞台でいじめ過ぎや
き:そのいじめについてやねん
や:どや言うねん
き:例えば、紳助竜介の紳助とか、B&Bの洋七が、舞台で相方をよういじめてるやろ
や:いじめ倒しとる
き:あれを見て「そんなに相方をいじめてあげないで」と、投書がよう来るらしい
や:見てて可哀相になるんやろね
き:ところが、私が君をいじめるやろ、「どんどんやれ、いじめまくれ」そんな投書ばっかりや
や:誰やねん、そんな投書出すの!
き:特にタクシー組合の投書なんか、「やすしをいじめ殺して下さい」ばっかし
や:なんちゅう投書するねん!
き:だいたい君は、人から嫌われやすい性格やねん
や:皆さんは余りにも、私という人物を誤解されております
き:人物て
や:確かに私は気の短い男でっせ、けど、私はやることに、いつもスジは通してるつもりです。私にはスジがあるんだ
き:(やすしの体を触り)スジはあるけど、肉がありまへんねん 
や:勝手にせい!
き:こういうやすし君と、15年前の昭和41年6月にコンビを結成したわけです
や:41年言うても、どういう時代やったかは、お客さんにはピンときまへんやろ
き:コンビ結成の2年前の39年に新幹線が開通してまんねん
や:あっ新幹線……今でこそ言うけど、あれについては、私もかなり運動したよ
き:君、運輸大臣みたいなこと言うとるやないか、新幹線で、君はどういう運動をしたいうねん
や:新幹線を横目で見ながら、毎朝ジョギングしてたやないか
き:運動の意味が違うねん!……新幹線の年でしたか、東京オリンピックもありましたわな
や:東京オリンピック……あの時は、わしゃ走って金メダルとったで
き:なんでやねん、オリンピックに走ってない君が、金メダルとれるわけないやろ
や:違うがな、あの頃、オリンピックブームで、模造の金メダルがいろんな店で売ってたやろ
き:ブームに乗って儲けよ思てね
や:わたしゃ、その金メダル(つかむ格好)とったんや……走ったで、逃げるのに
き:……君の手癖の悪いのはその頃からかい!
や:その頃からかいて……そんな言い方されたら、私は今でも手癖が悪いように聞こえるやないか
き:ごめんごめん、手癖の悪いのは、その頃だけ
や:そんな言い方されたら、今は手癖が悪ないみたいに聞こえるやないか
き:悪いんかい!
や:私らのコンビ結成の頃、どういう歌が流行ってたかと言いますと、西郷輝彦さんの「星のフラメンコ」……♪好きなんだけど 嫌いなんだ♪
き:……そんな歌やったか?
や:まあええがな
き:それに、「君といつまでも」いう歌もヒットしてた頃や
や:あの、年寄り大将の歌
き:若大将や!
や:今は年寄りや!
き:♪ふたりを 夕闇が つつむ この窓辺に♪
や:また、この歌のセリフが良かった
き:(セリフ)不幸だなぁ、やすし君、僕は君といる時が一番不幸なんだ
や:(セリフ)僕は死ぬまで君を離さないぞ、いいだろ
き:ええことない、ええことない!……考えてみると、15年間には、いろんな歌、ニュース、流行が過ぎ去っていきました
や:いろいろあったがな
き:昭和43年ですか、時効になりましたが、3億円事件がありました
や:大きい事件やった
き:あの事件の犯人なんか、今出てきたら、大スターやで
や:……皆さん、今でこそ言えますが、何を隠そう、あの事件の犯人は、この私だ!
き:またや、どうして君は、なんでもそんな風に、ええ格好したがるねや
や:君は私の実体を知らんだけ
き:三億円奪い取った人間が、オートバイの修理代踏み倒すんかい
や:……そらあの金は、世の為人の為に、みな使こてしもたがな
き:世の為人の為?
や:そや、夜、長屋を回るわな
き:長屋を回る
や:ほな、ある家の中から「母ちゃん、もっとご飯を食べたいよお、ひもじいよお」「辛抱しておくれ、母ちゃんの病気が治ったら、お腹いっぱい食べさせてあげるからね、ゴホゴホ」……こんなんが聞こえてくるがな
き:気の毒な会話や
や:そこで私が、札束をポーンと投げ込んで、「これで朝鮮人参でも買いなよ」
き:朝鮮人参て……
や:今でこそ言えますが、何を隠そう、わたしゃ昭和のネズミ小僧だ
き:何がネズミ小僧や、ネズミ男みたいな臭いさせて(鼻をつまむ格好)
や:ネズミ男てどやねん!
き:だいたい君が、人に施しをする男か
や:君は、そんなことを私に言える立場やないで
き:どうして?
や:今でこそ言えるけどな、君の嫁はんのヘレンさん
き:ヘレンがどや言うねん
や:ニューヨークから香港へ売られてきたのを、可哀相や言うて、金出して日本へ引き取ったん、この私やで
き:嘘つけ!ようそこまで好きなこと言えるねぇ
や:ほらまた恩をアダで返そうとするやろ、わたしゃほんまは人情家でっせ
き:そんな人情家が、なんで自分の嫁はんを、使い込み目的で、銀行へ勤めさそう、勤めさそうとするねん
や:してるかい!
き:金額の大きい事では、昭和48年の、奥村彰子の、9億円を勤めてた銀行から騙し取ったいうのが凄かったね
や:あの頃は、この事件をネタに漫才やりました
き:この前も、伊藤素子ですか、ベテランの女子行員が、1億円以上を騙し取りましたがな
や:女は大胆や
き:でも、陰で糸を引いてるのは、みなこの男
や:その陰で糸を引くというやり方、わたしゃ大嫌いやねん……やるのやったら堂々とやらんかい、セコセコするな!男は表で勝負せんかい!
き:まあまあ、そう興奮せんと
や:この私を見習わんかい!
き:……みんなが君を見習ろうたら、世の中暗黒やで
や:どういう意味やねん!
き:事件もいろいろあったけど、15年の間にはファッションの移り変わりも凄かったね
や:ファッションの移り変わり、これは目まぐるしかった
き:コンビを組んだ頃でした。ミニの女王、ツイッギーが日本へやってきて、こんな短いスカートが大流行したがな
や:あれ以来でっせ、この男の目がこないなったん
き:(目をむく格好)スカートの中を覗きまくってるうちに、目が飛び出して……アホな!
や:ミリタリールックいうのも、えらい流行りましたね
き:ミリタリールック、あれはキリッとして、なかなか恰好良かった
や:……今でこそ言えますが、あれを流行させたん、この私だ
き:またそんなこと言う、あれは当時大流行の、グループサウンズが流行らせたんや
や:そやから私は、当時、そのグループサウンズにも入っとったんや
き:そやそや(ヤケになり)入っとった、入っとった。で、君の入っとったんは、タイガースのグループかい、スパイダーズのグループかい
や:そんな有名なグループやないけどな
き:言わんでもわかっとるわい、君の入っとったんは、ネズミ講のグループやろ
や:ネズミ講て……
き:ファッションと言えるかどうかわかりませんが、何にも着ないで走り回る、ストリーキングいうのも流行りましたね
や:あれは一種の自己主張の手段だ
き:今でこそ言えますが、やすし君、当時ストリーキングやったことあるんですよ
や:そのことはええがな
き:自己主張でやったん違いまんねん、博打でみなとられて、着るもん無かったんです
や:ほっといてくれ!……しかし、考えてみると、ファッションだけに限らず、私ほど生まれつき流行に敏感な男もないで
き:見ただけですぐわかるよ
や:そう(気取った格好)
き:若い人の間で、剃り込みがが流行ってると聞くと、ちゃんと自然の剃り込みいれるしな
や:……自然の剃り込み?
き:日本人はメガネの人が多いと聞くと、ちゃんとメガネかけるし(やすしのメガネを触る)
や:これは目が悪いからかけてるねん
き:(メガネを放って)座頭市が流行った頃には、その真似もしたし
や:(座頭市の感じでメガネを探す)旅人さん、私のメガネ、どこへ行ったんでしょう……さすな!
き:しかし、なんぼ君が流行に敏感やいうても、私には勝てんやろ
や:何を言うねん、言うとくけど、私の子供の頃、モンローウォークが流行ったことあるねん
き:モンローウォーク
や:あの真似して歩いたん、近所の子供では、私が一番やで(モンローウォークで歩く)
き:それがなんやねん!芸人仲間の間で、やすしウォークいうのは流行ったやろ
や:やすしウォーク?
き:あの真似して歩いたん、私が一番やで(両手をポケットに突っ込み、おもしろおかしくヨタって歩く)
や:……それは10年前のやすしウォークやねん
き:10年前
や:今のやすしウォークはこれですよ(キザっぽく、右手でメガネを直しながら、本を真面目に読みながら歩く格好)……これは今のやすしウォークや
き:……そう言えば、このごろ、君は競艇の予想紙広げてよう歩いとるな
や:辞書を読みながら歩いてるのや!
き:どっちにしても、流行の先端を行くのは私ですから
や:笑わすんじゃないよ、私に決まってるがな……あれは何年やったかなぁ、流行語の「しょんべんば、ちびりますたい」を流行させたん、この私や
き:(客に向かって)こんな言葉、流行りましたか?
や:客に聞かんでもええやないか
き:そんなこと言うねやったら、「マンマンちゃん、アン」流行らせたん、この私や
や:それがどないしてん……「そうなんですよ、川崎さん」流行らせたん、この私やないか
き:……ザ・ぼんちのおさむの上前はねてるやるな
や:ええねん、あいつには金借りてるねん
き:借りてたらいかんやないか!
や:なんちゅうても、流行に敏感なのは、私やねん
き:言うとくけどな、昔、フラフープが流行した時に、子供ながらに、あれを一日中やって、大会で優勝したん、この私やで
や:それがどやいうねん、ホッピングが流行った時、我ながらにアレを一日中やって、脱腸になったん、この私やで
き:威張るな、そんなこと!
や:誰が何と言おうと、流行りに敏感なんは、私やねん!
き:そら確かに、あんたは、私より流行に敏感です
や:決まってるがな(ポーズ)スタイルでもキマってるでしょうが
き:今でこそ言わしてもらいますが、ルービックキューブが出た時も、一番最初に買うたん、やすし君です
や:その通りや
き:出来ずに腹が立って、ぶっ壊したんも、やすし君が一番
や:……ま、それはええがな
き:水ぼうそうが流行した時も、一番にかかったん、君やったわな、流行に敏感や君は
や:あのな……
き:校内暴力なんか、流行する前から、君は頑張ってた、流行に敏感や
や:……
き:そや、芸能人の裁判所の出入りを流行らせたんも君やったなあ、流行に敏感
や:待て!……皆さん、今でこそ私は言います
き:なんや
や:本当は私、流行大嫌いでんねん

 

f:id:dango1114:20190309071402p:plain