漫才作家・中田明成

5000本の漫才台本を書いた作家、中田明成のウェブサイトです。

夢路いとし・喜味こいし「推理は楽し」

いとし:我々が舞台に出る前には、お客さんいろんなこと思てるやろね
こいし:何をお客さん思てるいうの?
い:「いとしこいっさん、今日はどんな衣装で出てくるんやろ?」とか
こ:それは無いやろ、我々は奇抜な衣装で売ってる訳やなし
い:「今日はどんな顔で出てくるやろ、こいっさんはやっぱりブサイクのままやろか?」とか
こ:ブサイクのままて!衣装は変えられても顔まで変えて出れんやろ
い:しかし、我々もたまにはお客さんが「あっ!」と驚くような形で舞台に登場したいもんやね
こ:例えばどういう形で?
い:二人がこうローラースケートで登場するとか
こ:……あのな、我々は光ゲンジやないで!
い:そら確かに君は、光らない喜味こいしやで……
こ:ほっとけ!
い:そやけど、もし我々がローラースケートで登場したら、お客さん「若いなぁ」と思うやろね
こ:「若いなぁ」と思う前に「この二人、漫才終わるまでに死ぬやろな」と思うわ!
い:我々はともかく、私は漫才の若手には言うてるねんで
こ:何を?
い:「歌手に負けんように、君らも流行をどんどん取り入れなさい」
こ:そう言えば、光ゲンジのローラースケートに刺激されたんか、一輪車に乗って唄う、女の子の歌手グループまで出て来てるね
い:そやから私、若手の漫才師に言うたったんや「君らも負けんように竹馬に乗ってやれんか」と
こ:……あのな、一輪車は流行ってるけど、今、竹馬流行ってるか?
い:私の若い頃流行ってたで
こ:そら大昔やろ!
い:舞台に出る前だけと違ごて、我々が漫才やり出してからも、お客さんはいろんなこと想像しますよ
こ:どんなこと?
い:「この二人一体何才くらいやろ、こいっさん百才超えてるの違うやろか?」とか
こ:なんでやねん!私が百才越えてたら、君は私の兄貴やからその上やで
い:「こいっさんはいつも、奥さんのことボロカスに言われてるけど、本当はこいっさんの奥さんて美人と違うやろか」とか
こ:これは思てる、絶対思てる!
い:思てる人は、本物見たら「思て損した」と思いますよ
こ:どういう意味やそれ!?
い:「いとっさんてどんな家に住んではるのやろ」て思てる人もいるかもわからんよ
こ:これはいるかもわからんね、大した家には住んでまへん
い:そう、名古屋城をちょっと大きくしたような家ですわ
こ:見栄を張るな!
い:君の家のことかて思てるお客さんもいると思うで
こ:私の家のどんなとこを?
い:「こいっさんの家にある、冷蔵庫の中て何が入ってるのやろ?」とか
こ:……あのな、そんな細かいことまで想像する人間がどこにいるねん!?
い:うちの嫁はん、いつも君とこの冷蔵庫の中想像してますよ
こ:なんで君とこの嫁はんに、うちの冷蔵庫の中を想像されないかんの?
い:うちの嫁はんにとっては、ライバル意識があるわけや
こ:ライバル意識!?
い:そやから私、うちの嫁はんに言うてやってるねん
こ:どう?
い:「こいっさんとこの冷蔵庫はな、カズノコ、メロン、お頭付きのタイ、マツタケ」
こ:(気取った格好)まあそれぐらいはね
い:「イクラ、ウニなんかのシールをベタベタ貼ってるで」
こ:シールて、そんなもん貼ってるかい!奥さんは中身を知りたがっとんのやろ
い:「中身はな、バーゲンの玉子、バーゲンの塩シャケ、バーゲンのキャベツ、バーゲンのナスビ……」
こ:うちはバーゲンしか買わんのか!
い:それを聞いて、うちの嫁はん安心したようにバーゲンへ出かけよる
こ:えらいライバル意識やなぁ!
い:しかし、人間て人様のことをいろいろと知りたがるとこがあるね
こ:それがあるから、写真週刊誌なんかも相変わらず売れてるわけや
い:写真週刊誌と言えば、この前私、二人でホテルから出てきたとこをカメラでパチッ撮られまして
こ:君が誰とホテルから出てきたことを?
い:大原れい子
こ:嘘つけ!大原れい子さんが、君とホテルに入ってくれるか!?
い:入ってくれへんから出てきてん
こ:……出てきたということは入ったんやろ!
い:ホテルいうてもやらしいホテルと違うで、普通のホテルやで
こ:それでも相手は大原れい子やろ?
い:そうそう
こ:スターの!?
い:そうそう、スナック・スターの
こ:スナック・スター!?
い:たまってたツケを、ホテルのパーラーで、大原れい子いうママに払ろて、一緒に出ようとしたところをパチッや
こ:……そんなところやろな
い:それでも心配したで「夢路いとしにまたまた愛人か!」て書かれたらどないしよ思て
こ:またまたて、君一回でもそんなこと書かれたことあるんか!?
い:見栄張らしてえな。私かて、京本直樹と何もかも似てるてよう言われるんやから
こ:どこが似てるねん!
い:でも私は開き直って言うてやったよ「撮りたかったら何枚でも好きなだけ撮りなさい」
こ:ほなカメラマンどう言うた?
い:「撮らしてもらいますから、お二人さん、ちょっとどいてて下さい」
こ:どいてて下さい!?
い:ホテルのドアの修理箇所を確認するカメラマンやってね
こ:そんなことやと思たわ!
い:でも、人の秘密を探って、話を面白くするために背ビレ尾ヒレを付けるああいうのて、私は嫌いやね
こ:そんなこと君が言える立場か
い:どうして?
こ:君とこの嫁はんかて、他人の秘密を探っては、背ビレ尾ヒレを付けて近所に言い回りよるで
い:うちの嫁はんそれが好きやねん
こ:うちの夫婦がこの前、久しぶりに夫婦喧嘩した時かて、それをかぎつけた君とこの嫁はんどない言うて回りよった
い:どう言うて回りよった?
こ:「こいっさんとこの夫婦、大喧嘩しはりましたで」
い:話を面白くするために背ビレがちょっと付いたんや
こ:「物の投げ合いでっせ」
い:尾ひれや尾ひれや
こ:「こいっさんの奥さん、出刃包丁まで振り回しましてね」
い:胸ビレや胸ビレや
こ:胸ビレまで付けるんかい!それだけないぞ
い:嫁はんもっと他に付けたか?
こ:「奥さん荷物まとめて里へ帰らはりましたで」こうや
い:腹ビレ腹ビレ!
こ:「離婚寸前ですよ」
い:フンやフンや!
こ:フンて……君とこの嫁はんて、ヒレだけでは飽き足らずにフンまで付けて喋るて、ほんま、金魚みたいな嫁はんやな
い:今何言うてくれた?
こ:金魚みたいな嫁はん言うてるねん
い:うちの嫁はんてそんな可愛い!?
こ:違うねん!ちょっとしたうちの夫婦喧嘩を、離婚寸前までにしてしまうから、背ビレ尾ヒレの大きい金魚みたいやと言うとんのや
い:言うとくけど「離婚寸前」と違ごて、君とこは「もう、離婚届出した」てうちの嫁はんは言いまわったはずやで
こ:アホな!君とこの嫁はんにうちの嫁はんを見習わせ
い:うちの嫁はんが君とこの嫁はんを見習うて?
こ:そうや
い:嫌やでそれは、うちの嫁はんをこんな体の牛女にさせるの
こ:……スタイルを見習わせ言うてるの違うねん!うちの嫁はんは、人様の不幸を一切背ビレ尾ヒレを付けて、喋りまわったりはせんやろ
い:それは認めよ。けど君とこの嫁はんかて、よそで不幸があったら回ってることは回ってるで
こ:どう言うて回ってるいうねん
い:頭にローソク立てて、「たたりじゃ、たたりじゃ」言うて
こ:……うちの嫁はんは横溝正史の世界の嫁はんか
い:横溝正史と言えば、私、うちの嫁はんに言うてるねん
こ:何を?
い:「よし子、他の家のことをいろいろ想像してたら嫌われるよ。そんなに想像したかったら、推理小説でも読んで犯人を推理したらどうや。な、推理しい。炊事・洗濯の方は今まで通り私がやるから」
こ:情けないな!そやけど君の言う通りや、推理小説はいいよ、私も横溝正史から江戸川乱歩、松本清張を読み漁ったもんや
い:最近は生ゴミも漁ってるそうやないか
こ:漁るかい!野良猫やないねん
い:けど、君が推理小説ファンとは知らなんだね
こ:そやから、私なんかちょっと本を読んだら犯人を当ててしまうから、余程よう出来た本やないと読む気がせんね
い:ほなこれちょっと推理してや
こ:どんな推理や?
い:ある男が遊園地にある長い滑り台を滑りました。ところが、途中で男の姿が見えなくなってしまいました。男はどうしたのでしょう
こ:滑り台にへばりついか、それとも裏へ隠れたか。
い:残念でした。実は滑り台にはサンドペーパーが敷き詰めてあり、男はすり減って消えてしまったのでした
こ:しょうもない推理をさすな!
い:ではこの事件は、自殺だったのでしょうか
こ:滑り台にサンドペーパーを敷いて自殺する奴おらんやろ、他殺やろなこれは
い:残念でした。この事件はマサツでした
こ:勝手にせい!推理小説ファンの私にしょうもない推理させるな
い:実は私今、本格的な推理小説を書いてるんですけどね
こ:君が本格的な推理小説を?
い:君その犯人推理できるか?
こ:君の書いた推理小説の犯人ぐらいすぐ当てたるよ。私はベテランの推理小説ファンやで。で、どんなストーリーの本書いたんや?
い:「それは、町はずれの、とある一軒家から始まるのである」
こ:とある一軒家
い:なんで、とある一軒家にしたかわかるか
こ:なんでや?
い:一軒家に戸が無かったから、寒うて寝てられんやろ。そやから「戸ある一軒家」
こ:とあるいうのはその戸かい!?
い:「その一軒家には、桃田一郎36才と妻の花子32才、それに小学生の二人の息子が住んでいる」
こ:なるほど
い:「桃田家の朝は早い。アムステルダムの朝は早いというコマーシャルも昔あった。朝はどこでも早いのに決まっている。晩のすぐ前が朝であったら、昼じゅう夜だらけである」
こ:しょうもないこと書くな!どこが本格的な推理小説や!
い:「朝食を済ませると、妻は看護婦として勤める病院へ、そして子供たちは学校へと出かけた」
こ:主人の職業は何や?
い:「主人の桃田一郎は、その後、山へ芝刈りに出かけた」
こ:今時、山へ芝刈りに行くか?
い:「芝刈りと言っても、山に作られたゴルフ場の芝である。桃田はゴルフ場の管理の仕事をしていた」
こ:なるほど、ゴルフ場の芝刈りね
い:「桃田が芝刈り機で芝を刈った時である。桃田は『あっ』と驚きの声をあげた」……さ、そこで君に推理をしてもらうで
こ:どんな推理や
い:さて、この事件の犯人は誰でしょう
こ:わかるわけないやろ!
い:わからんか。ほな、私の本は横溝正史、江戸川乱歩、松本清張よりもよう出来てる訳やね
こ:そやないねん!まだ事件も出て来てへんのに犯人がわかるわけないやろ、話を先に進めんかい
い:「なぜ桃田が叫び声をあげたかというと、そこにプロゴルファーの青崎が殺されていたのである。昔刑事をやっていたことのある桃田はとっさに『これはゴルフ場密室殺人事件だ』直感した」
こ:どこが密室やねん!
い:「昔、医者をしたこともある桃田は死体の状況から見て、死亡推定時刻は昨日の暮れ六つと判断した」
こ:暮れ六つてな……
い:「桃田は昔、時代劇映画の監督もしていたのである」
こ:いろんなもんやっとったんやなぁ!
い:「桃田が調べてみると、青崎の頭にはホーテで殴られたような跡が残されていた」
こ:ホーテ?
い:「いや、ドンキで殴られたような跡が残っていた」
こ:ドンキホーテ……勝手にせい!
い:「その凶器らしき物は見当たらなかったが、死体のそばには、破裂するようにして破れた布袋と、砂が散らばっていた」
こ:なるほど……凶器は何であったか、想像つくね
い:そこで君に推理してもらお
こ:やりましょう喜んで
い:凶器は布袋に砂をギューギューに詰めて殴ったと判明したんやけど、殴られる前、被害者の青崎は犯人に対してどう言ったでしょう
こ:わかるかいそんなもん!私はその凶器は何やを当てるのや思たわ
い:わからんか、回りに砂が散らばっとったんやで
こ:わからん、どう言うたんや?
い:「スナー!スナー!」
こ:帰るわ!こんなんどこが本格推理小説や
い:まあまあもうちょっと聞いて
こ:凶器は袋に砂を詰めたものやとわかって、その後どやねん!?
い:「青崎の性格は良く無く、殺人の動機を持つと思われる者は数多くいたが、結局は三人に絞られた」
こ:三人にね
い:そこで君に推理してもらうで
こ:何を?
い:犯人はプロゴルファー仲間の田中栄二でしょうか、キャディの高田恵美子でしょうか、支配人の加藤よしおでしょうか
こ:わかるかいそんなもん!
い:犯人が三人に絞られた言うのに、君まだわからへんか、君は推理小説のベテランファン違うんか
こ:なんぼベテランでもわかるわけないやろ。その三人の名前て今初めて出てきたんやで
い:そんなもんかなぁ、私なんか犯人はすでにわかってるで
こ:そらわかってるやろ!君が書いとんねや。こっちはもうちょっと聞かなわかるかい
い:「被害者は、かなりの力で殴られたと思われる」
こ:なるほど、それで犯人は、プロゴルファー仲間の田中か、支配人の加藤の二人にしぼられるわな
い:なんで?
こ:キャディの高田恵美子は女やろ、かなりの力いうのは無理やろ
い:「キャディの高田恵美子は、元女子プロレスラーであった」
こ:……あのな
い:「調べてみると、被害者の青崎は芝生の上の土に、指で、E・Tという英語を書き残していた」
こ:犯人は田中栄二か高田恵美子に絞られるね。どっちもイニシャルがETや。支配人の加藤よしおはYKやからね
い:支配人の加藤は、その顔つきから、ETというあだ名があった
こ:勝手にせい!
い:「もっと調べてみると、犯人の足跡らしきものが残っており、その足跡の大きさは45センチで、足跡の深さは15センチに達していた」
こ:待てちゅうねん!そんな足跡残すの化け物しかおらんで、それちょっと話がオーバー過ぎんか!?
い:オーバーでええねん
こ:なんで
い:話を面白くするために、背ビレ尾ヒレを付けてるねん
こ:もうええわ!

 

f:id:dango1114:20190309071402p:plain